LeSportsac

  • News
  • Brand Concept
  • Collection
  • Catalog
  • Store Information
  • Online Store
  • Mail Magazine
  • Shop Blog
  • Recuruit
  • Company Information
  • Customer Service
  •  
  • Follow Us On Facebook
  • Follow Us On Twitter

レスポートサックについて Brand Concept

History

1974年のブランド設立より、これまでのレスポートサックの歩みをご紹介いたします。

1974
NYの小さな工場でスタート
レスポートサック第1号はシンプルなダッフルバッグだった。
1977
初の広告キャンペーン開始
当時主力だったトラベルバッグのキャンペーン。「グローバルなブランド」をアピールするため、ロケ地は中国の大河で行われた。
1985
プリント柄の展開をスタート
創業当時はユニセックスな無地のデザインばかりだったが、「レスポ柄」の歴史がついにここで始まる。
1991
日本初の直営店が原宿にオープン
レスポートサック日本上陸を記念して「フローラル」シリーズが発売されヒット。わずか15坪のショップは、注目の商品が発売になるやいなやお客さんでいっぱいに。
1994
20周年を記念した「Force 9」が誕生
創立20周年を記念して登場した新シリーズ。「風力9」を意味する。ツートンのストライプのデザインだった。
1995
雑誌「CanCan」で掲載されたアイテムが大ブレーク
女性誌「CanCan」に「ミルクティープリント」シリーズが掲載されると、ファンがお店に殺到。入場制限という事態に。問い合わせの電話が朝から閉店までなりやまなかった。
1996
初の日本限定プリントが登場
日本限定「チューリップ」は清楚なカラーリングが印象的。
1998
NY特別企画「クリントン」開催
NYレスポ社の社長が幹事となって開催された、民主党パーティで記念プレゼントとして提供された「バッグパック」。合衆国の調印マークが付いている点に注目。
1999
大阪・心斎橋に直営店オープン
日本で2店舗目となる直営店が心斎橋のヨーロッパ通りに開店。

25周年記念に初期型モデルが復刻
創立25周年記念して「Travel」シリーズの復刻版がリリース。
2001
日本にフラッグシップストア登場
日本初の旗艦店が表参道にオープン。NYに続き世界で2店舗目。

「Le Cute」シリーズ発売
デザイナーズコレクション第1弾はジョナサン・アドラーを起用。

「non-no」とWネーム企画
「non-no」創立30周年を記念し、読者プレゼント用として制作。
ティーン読者に向けたキュートなピンク×花柄のデザイン。
2002
直営店限定のセミオーダーサービスプレゼント
柄やトリムの色を選べるほか、イニシャルを入れて自分だけのレスポが作れる、名付けて「Made to Order」が開始される。

福岡に直営店オープン
レスポートサックの直営店が遂に関門海峡を越えて九州に。
2003
心斎橋店が移転リニューアル
心斎橋フラッグシップストアが移転リニューアルオープン。ガンメタリックカラーの限定商品も発売。

「LAMB」シリーズ発売
デザイナーズコレクション第3弾にグウェン・ステファニーが登場。
2006
「tokidoki」シリーズ発売
デザイナーズコレクション第6弾はシモーネ・レーニョを起用。

米人気ドラマ「THE OC」とコラボレーション
ミーシャ・バートン演じるヒロインをイメージしたバッグを発表。ティーンセレブをテーマにしたドラマの雰囲気を反映した華やかなデザイン。

表参道店が移転リニューアル
表参道フラッグシップストアが移転し、70坪の大型ショップが誕生。限定柄「ワイルドアニマル」は、行列ができるほど話題に。
2009
創立35周年を迎える
35周年を記念したアニバーサリーモデルは創業当時の復刻版。